竹製の自動車「バングー」開発される - 会話の小ネタ☆話題の泉

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹製の自動車「バングー」開発される

 京都大学のベンチャー・ビジネス・ラボラトリーが、竹製の自動車「バングー」を開発・公開した。地元の竹を使用し、電気で動く、環境に優しい自動車らしい。 写真
バングーは一人乗りで重さは約60kg。一回の充電で約50kmの走行が可能だという。

 どうせ一人しか乗らない通勤車。職場が遠くなればこれで十分・・・?

 バングーは、京都大学総合博物館で11月5日より公開中で、京都環境フェスティバル2008(パルスプラザ、平成20年12/13-14)にて一般公開の予定。

【参照記事】

車体が竹製の電気自動車、重さは60キロ


2008年 11月 17日 14:15
 [京都 14日 ロイター] 車体部分が竹でできた環境に優しい電気自動車「バングー」が14日、京都で公開された。車体には地元産の竹が使用されているという。・・・全文を見る


「竹かご型電気自動車(愛称Bamgoo)」を開発、発表しました


2008年11月2日 京都大学
 京都大学ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー(VBL)の主要プロジェクトの1つである京都電気自動車プロジェクトでは、先端技術と伝統文化・技術の融合により、京都発の環境に優しい電気自動車【Kyoto-Car】の提案・開発に向けた取組みを行っています。・・・全文を読む
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://wadainoizumi.blog24.fc2.com/tb.php/24-7eb5a078

株価
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。