【USA】強盗を撃っても良いか緊急ダイヤルに相談→射殺 - 会話の小ネタ☆話題の泉

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【USA】強盗を撃っても良いか緊急ダイヤルに相談→射殺

 12月31日午後、アメリカ・オクラホマ州で民家に強盗に入ろうとした男が、住民のサラ・マッキンリーさん(18)によって射殺された。マッキンリーさんは、生後3カ月の息子と2人暮らしのシングルマザー。25日に夫をがんで亡くしたばかりの未亡人だった。
 警察などの調べによると、この日2人の男が強盗目的でマッキンリーさんの自宅に押し入ることを計画していたらしい。

 男たちがドアを激しく叩き体当たりで壊そうとするので、マッキンリーさんはドアの前にソファーを置いて時間を稼ぎ、その間に911(緊急ダイヤル)に電話。「強盗が入ってきたら撃ってもいいか」と相談し、相談を受けたオペレーターに「自分と赤ちゃんを守るために出来ることは何でもやるように」というアドバイスを受けたと言う。

 その後、マッキンリーさんは入ってきた男を射殺したが、彼女の行為は正当防衛と認められる見込みだそうだ。

 それにしても、夫を亡くしたばかりで強盗に襲われたマッキンリーさん、気の毒すぎる。バリケードを破ってまで進入を強行した強盗は、マッキンリーさんの家に大金があると確信していたのだろうか?早すぎる気がするが、既に夫の保険金が入っていたとかだろうか…

【参照記事】

18歳の母、緊急通報ダイヤルに「強盗を撃ってもいい?」と相談


2012.01.06 Fri posted at: 12:01 JST
(CNN) 米オクラホマ州で生後3カ月の息子と2人暮らしの女性(18)が、緊急通報ダイヤルで助言を求めながら、自宅に押し入ってきた男を射殺する事件があった。・・・全文を見る
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://wadainoizumi.blog24.fc2.com/tb.php/54-dacb1917

株価
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。