天皇陛下 心臓手術始まる - 会話の小ネタ☆話題の泉

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇陛下 心臓手術始まる

 本日18日午前9時24分、心臓の冠動脈バイパス手術のため天皇陛下が手術室に入った。手術は東京大病院で行われており、約5時間で終わる見込み。経過が順調であれば約2週間で退院できるそうだ。もちろん、陛下に用意された部屋は特別室。皇宮警察等が同じフロア内で警備にあたる。

 ここで、陛下のようなVIPが入院する特別室とはどんなものかと疑問が浮かび、好奇心で調べてみた。
 東京大病院の特別室はホームページでいくつか公開されているが、陛下に用意されたのはおそらく「特別室A」。なんと、室内に受付会議室まで備わっている。壁は電波の傍受を防止するための加工がされており、窓はマジックミラーになっているそうだ。広さは155m2と私の自宅より広く、料金は一日につき189,000円と私の自宅の一か月分の家賃より高い!噂によると、ナースも特別の研修を受けているとかいないとか。だが陛下ほどの要人であれば当然の待遇なのだろう。

 17日には手術を受ける天皇陛下へのお見舞いの記帳の受付が始まっており、全国から大勢の人が訪れている。記帳は坂下門前特設記帳所で毎日午前10時~午後4時まで、退院当日まで受け付けているそうだ。 

【参照記事】
天皇陛下:冠動脈バイパス手術始まる…終了後、医師団会見
毎日新聞 2012年2月18日 11時04分
天皇陛下の心臓の冠動脈バイパス手術が18日午前、東京大病院(東京都文京区)で始まった。宮内庁によると、陛下は同9時24分、手術室に入った。手術は約5時間で終わる見込みで、終了後、医師団が記者会見して、手術の経過や容体を説明する。 …全文を読む


【関連】
東大病院特別室の様子など
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://wadainoizumi.blog24.fc2.com/tb.php/69-e9bf8e44

株価
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。